So-net無料ブログ作成
検索選択
うつ病 ブログトップ

アラフォーがうつになる6つの原因 [うつ病]


tc1_search_naver_jp.jpg


・やる気はあるのに体力が衰えて、過重労働についていけなくなる
 ・守るべき家族、住宅ローンなどがあり、仕事から逃げられない
 ・出世レースの結果が見えてきて、プライドの棚卸しを迫られる時期
 ・中間管理職として上司とも部下ともコミュニケーションが必要
 ・管理職もプレイングマネジャーとしてむしろ負担が増える時代
 ・配偶者との離婚、親の死といった、うつのトリガーが重なりやすい


この6つの原因にあなたは、思い当たることはないですか?


イヤな職場でうつ病になるのはありがちな話なのですが、
4月に昇進して喜びに包まれる中、うつ病に陥ってしまう人がいます。


「昇進うつ」と呼ばれるものです。


もともとうつ病は、「責任感が強い」「きちょうめん」「仕事熱心」
「頼まれごとをイヤといえない」など性格に関与しているとされます。


上司から受けるストレスやプレッシャーに懸命に応えようとするあまり、
心が押しつぶされるのは珍しいことではありません。


では「昇進うつ」とはどうしてなるのでしょう。


実は、部下や平社員の立場だったときには、相談できる同僚がいるなど、
気晴らしによってうつ病を回避できたとしても、昇進によってその環境が
一変することがあります。


たとえば、営業係長から部長に抜擢(ばってき)された場合、
係長時代の取引先とは異なる人々と仕事をしなければならないでしょう。


果たすべき責任と義務は重くのしかかり、それをたった1人で抱え込むことで、
部長就任後にうつ病になってしまう人もいるのです


ちょっと贅沢な悩みのような気がするのは私だけ?


⇒うつを改善・克服【うつ病の治療法】











パニック症候群克服プログラム

気持ちが沈む軽いうつ症状のサイン [うつ病]


昔から「春先になると気持ちが沈む」とはよく言ったもの。


特に近年は、軽いうつ状態のビジネスマンが増えているようで、
自分でも気付かないうちにストレスを溜め込んで、いつの間にか重症化…
というケースも少なくないはず。


そこで知っておきたいのが、気持ちが沈み始めた時に現れる兆候。


身体からの“サイン”を少しでも早めに汲み取ることができれば、
改善もしやすくなるはず。


早期の症状として、『不眠』や『息苦しさ、動悸、発汗などの身体症状』
が、近頃の人にはきわめて多いですね。


また、これらの他にも生活リズムが普段と違っていないか意識することが
大切です。


たとえば『いつもやっていることをやらなくなった』場合など。



普段と違うことが出てきたら、ストレスが溜まっている可能性が高い
ということです。


症状が深刻になってくると現れるのが、朝のうつ気分。



毎日続くようであれば、うつ病が疑われます。



ただ、これも『気分が良いか悪いか』ではなく、今までと比較すること
が大切です。


そもそも、出勤前は誰でも気分が悪くなりがちですから、
今までと比べて大きな変化がないかチェックすることです。



また、自分自身の変化ではなく、外的な変化により生活リズムが
変わった時も注意が必要とのこと。



たとえば、住居の引っ越しや親の介護が必要になるなどして、
自分のリズムが変化した場合は、どうしてもストレスが溜まりがちになる。



自身から発せられるストレスサインに気を配るとともに、
同じリズムで毎日生活していることが、精神的にとても重要です。


近年、軽いうつ状態のビジネスマンが非常に多くなりました。


軽いうつ状態は、軽いがゆえに発見が遅れたり、長く放置したりしてしまう
ために、薬が効きにくく、典型的なうつ病より治るのに時間がかかる場合も
多いようです。



だからこそ、早めにストレスサインに気付く必要があるんです。



人により異なるストレスサインだからこそ、時として
気付かず過ごしてしまうこともあるはず。



とはいえ、そのまま放っておくと知らぬ間に「うつ」へと発展する
ケースも少なくありません。


だからこそ、常に「普段との変化」に気を配って、いち早く心のSOSに
気付くことが必要です。



うつを改善・克服【うつ病の治療法】
http://onlyonet.net/utu/









うつと五月病はどう違うのか? [うつ病]


五月病とうつはどのように違うのでしょうか。


GW(ゴールデンウィーク)明けのいやな気分。


あなたも経験がないですか?


「もっと休んでいたい」ならまだしも


「もう行きたくない」「やる気がなくなった」


なんてことになったら、完全に五月病かもしれません。



五月病は、新人社員や大学の新入生などに見られる環境の変化による
一過性の心身の不調で、多くの人は環境の変化や人間関係、仕事に
慣れるに従ってよくなっていくのが一般的です。



ところが、うつ病は五月病と同じように、勉強や仕事に身が入らない、
朝起きられない、体の不調などが長期間続きます。


単なる五月病と簡単に考えていると、重症化してうつ病に進行する
危険性があります。



あまりに症状が長引くようならば、病院に行って専門医の診察を
受けることをお勧めします。


ただし、「五月病」というのは病名ではないそうで「さつきびょう」
と言うのも間違いだそうです。



医学的な診断名としては、「適応障害」あるいは「うつ病」
と診断されるようです。


うつ病とは、憂鬱な気持ちや無気力感などが長期間続き、
日常生活や仕事に支障をきたしてしまう状態を指します。



原因は様々ですが、ストレスなども引き金となります。



脳内の神経伝達物質(セロトニン)の行き渡りがバランスを崩します。



心や身に不調が現れてくるのです。



さぼっていたり。心が弱いからなる訳ではありません。



誰でもかかる可能性があるということだそうです。



抑うつ、無気力、不安感、焦りなどが特徴的な症状ですが、
GW(ゴールデンウィーク)が終わっても不眠、疲労感、
やる気が出ないといったことが続くようならうつの疑いが
あるでしょう。



⇒うつを改善・克服【うつ病の治療法】









うつ病・躁鬱病の改善 [うつ病]



うつ病というのは、精神の疾患とされていますが、この病気も
急激に増えている現代病の一種です。


私の近所にも、友人の娘さんにもうつ病の方がおられますが、
一見見ただけではわかりにくい病気です。


ですから、本人の苦痛をよそに、まわりからは理解しがたい
ことから、理不尽な言動をされることも少なくありません。


「やる気がないだけだ」とか

「もっと心を強くすればいい」

などと安易に言う場合も多く、あげくのはてに

「さぼっているだけだろう」


などと、考えられないことを言われたりする場合まであります。



不景気からの派遣社員の首切りや倒産、自己破産などの
経済的打撃や先般の東日本大震災などで家や家族を失い
精神的にとてもつらい方が多いです。


関連して、日本人の自殺者数が後を絶たないどころか
増加の一途で歯止めがかからなくなっています。



うつは、芸能界でも多く、ナイナイの岡村さんはご存知のように
その他大勢がうつ病で苦しんでいます。


医学の進歩によって、効果がある抗鬱剤なども昔に比べれば
たくさんあるようですが、「これを飲めば治る」というものでは
ないようです。


実際に、私の知人や近所の方は、もう数年うつが克服できずに
苦しんでおられます。


現在は、精神疾患として心療内科やカウンセリングによる治療が
主流のようですが、身体からアポローチするうつ病改善方法も
効果があるようです。


うつの原因や症状が多岐に渡るため、どの方法がふさわしいか
というのは、個人によって違うため医師やカウンセラーと個々に
相談しながら治療法を特定し、対処することが必要です。



ただ、うつ病の方が心配されるのは、投薬を受けている場合に
いつまで飲み続ける必要があるのか?
一生このままなのか?
という不安でしょう。


投薬を続けるとか、止めるというのは個人で判断するのは
とても危険です。


でも、いつか抗うつ剤から解放されて、普通の生活に戻りたい
と思うのは間違いないでしょう。


以下に投薬をせず、うつを改善したという実績のある克服法を
紹介しますが、ご自身で内容をご覧になり、判断されるよう
お願いします。


ありがとうございました。



⇒【自らがうつだった心理カウンセラーのうつ改善方法】


⇒【自身のうつを克服した身体からアプローチする方法】









うつ病 ブログトップ