So-net無料ブログ作成
検索選択

脊柱管狭窄症について [腰痛]


私は、実は先日まで脊柱管狭窄症を患っていました。

約1年間ほど、寝たきりに近い状態だったので、この辛さは
だれよりもわかります。


でも、いま完治して普通の生活をしています。
(手術もしてません)


私の、腰痛克服実践記がありますので、腰痛で苦しむ方は
参考になるかもしれません。
⇒腰痛克服実践記




【脊柱管狭窄症の原因】

脊柱管が狭まって、中の神経を圧迫する。

腰部の神経(腰髄神経) は、脊柱管内では太い神経根
としてクモ膜、硬膜が合わさった髄膜に覆われています
( 頭部の大脳などを守る構造がそのまま細長くつな
がっている)。
さらに、その上を脂肪膜で覆われ、椎体と椎弓が
つくる管の中に収まっています。

腰部脊柱管狭窄症とは、文字通り、腰部の脊柱管が
狭窄する( 狭まる) 病気です。

神経の通り道が狭まり、馬尾や神経根が圧迫
されるのです。(↓画像参照)

napyoutu2.jpg


【脊柱管狭窄症の症状】

・間欠跛行
歩き始めは無症状であっても、しばらく歩くうち
に腰から脚部にかけて、しびれや鈍い痛みが生じたり、
ふくらはぎが張って足が前に出なくなり、しばらく
休むとしびれや痛み、張りが自然になくって再び
あるけるようになる症状のこと。

動いた時に症状が強くなり、安静にしたとき
痛みが軽くなる


・下肢( 脚部) 痛
痛みを感じる部分は、脊柱管の狭まり具合
によって様々です。

・脚の痺れ感・知覚異常
腰部脊柱管狭窄症では、お尻から脚部にかけて、
痛みだけでなくしびれた感じが出る事が
少なくありません。
他に冷感、灼熱感、ひきつれ感、締めつけ感、足底
がジリジリする、足底の皮膚が厚くなった気がする
など、さまざまな知覚異常があります。

このような異常を専門的には「センソリーマーチ」
と呼んでいます。



・脚部の脱力感( 筋力の低下)
脚に力が入らない、かかとが持ち上がらない、
階段などでよくつまづく、スリッパがすぐ脱げる、
などの症状です。

このような症状は、歩くときや動作時だけとは限らず、
午後や夕方に強まるのも特徴です。

・重症例では、まひが進行して歩行時に便や尿をもらす
( 失禁。膀胱、直腸障害)
ここまで重症になると手術が必要になりますので医師に
ご相談下さい。
しかし男性では前立腺肥大が、女性では尿道括約筋の
低下があるときなどにも同様の症状が起こるため、
手術を決めるまでには慎重な検査が行われます。


⇒【脊柱管狭窄症の改善方法】

sekicyukan1.jpg









nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(4) 
共通テーマ:健康

椎間板ヘルニア(腰椎間板ヘルニア)について [腰痛]


【椎間板ヘルニアの原因】

椎間板には、毎日、重い物を持ち上げたり、スポーツを
したり、長い間立ちっぱなしで仕事をしたり、長時間イス
に座っていたりと、かなり強い力が加わっています。


しかし、それにも関わらず、この椎間板には思春期以降
は枯れて、血管がないのです。
これは椎間板の老化現象で、20歳代で、
この老化は始まっています。

椎間板ヘルニアというのは、老化現象の中で、椎間板の
中央にある髄核が、これを包み込んでいる繊維輪の裂け目
から脱出し、脊髄から出た末梢神経の始まりの部分
(これを神経根という)を圧迫した状態をいいます。
(↓画像参照)

napyoutu1.jpg


ですから、前かがみで重い物を持ち上げたり、激しい
スポーツをして腰をひねったり、長い時間不自然な
姿勢でいたりなどといったことがきっかけでヘルニアに
なることが多いのです。


つまり椎間板の老化は20代で始まりますので、
椎間板ヘルニアを患う患者の年齢も20~30歳代
の若い人が多いのも特徴です。


【椎間板ヘルニアの症状】

・腰の痛みとともに足にも痛みやしびれが出る
・左右のどちらかに痛みや痺れがある。
・両方の足に痛みや痺れがある。
・長時間立っていることができない。
・長時間座っていることができない。
・まっすぐに横になれない。
・脛の外側や足の甲やかかと、ふくらはぎがしびれる
・姿勢が左右どちらかに傾く
・痛みをカバーしようとしてへっぴり腰になり、
 体が痛い方へ傾く。
・せきやくしゃみなど、腹圧をかけるような動作を
 すると痛みが響く。
・膝を真っすぐに伸ばして前かがみになるのが
 苦痛になる。



【椎間板ヘルニアの治療法】

ヘルニアの多くは、安静にして治ったように思っても、
しばらくするとまた再発します。
そして、だんだんに再発するまでの時間が短くなり、
しまいには安静にしていても治らなくなってしまう
という特徴があります。

整形外科では手術をすすめられるのが一般的ですが、
必ず治るという保証はなく、再発例も多いのが
現状です。

ただ、症状によっては手術が必要な場合も
ありますので、原因や症状などの詳しい説明を
受けてから、判断することが必要です。


急性期の痛みが軽減してきたら、
筋力強化トレーニングで、腰を守るために
いちばん大切な腹筋や背筋、脚力を強化することで、
完治する場合も多く、体を鍛えることがいちばんの
予防法と言われています。


⇒【椎間板ヘルニアの改善法】

herunia1.jpg









nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(4) 
共通テーマ:健康

坐骨神経痛について(原因・症状) [腰痛]

【坐骨神経痛の原因】

坐骨神経痛は、特定の疾患を指す病名ではありません。
通う病院や整体院によって、坐骨神経痛と言われたり、
脊柱管狭窄症だろう、椎間板ヘルニアだと言われたり
します。

坐骨神経痛とは、何らかの原因( 疾患) によって
坐骨神経が刺激され、坐骨神経が通る領域
( 臀部から太もも、ふくらはぎなど非常に広範囲)
に生じる痛みや痺れといった症状そのものを
指す名称です。


【坐骨神経痛の原因となる主な疾患】

●椎間板ヘルニア
椎間板ヘルニアは急性かつ激痛を伴う坐骨神経痛の
原因としても有名です。

●梨状筋症候群
お尻にある筋肉の一つに梨状筋というものがあり、
坐骨神経はこの筋肉の下を通っています。
スポーツや仕事などで腰や股関節などに負担が
かかり続けると、ストレスを受けた梨状筋によって
坐骨神経が圧迫され、 坐骨神経痛の原因となる
ケースがあるようです。
椎間板ヘルニアによる坐骨神経痛に比べ
緩やかに発症するのが特徴です。


●脊柱管狭窄症
高齢者によく見られる疾患です。
脊柱管( 背骨の中央にあり、神経が通っている穴)
が狭くなり、 神経が圧迫され、坐骨神経痛を
引き起こす原因となります。
数分の歩行で腰や足に痛み・しびれ等が出現
しますが、 休息を取ることにより回復する
といった傾向が見られます。
残念ながら自然治癒するものではなく、悪化を
させないことが大切になります。


●腰椎の分離やすべり
腰椎の分離やすべりが坐骨神経痛の原因
となる場合もあります。


●腫瘍
稀ですが、腫瘍が坐骨神経痛の原因となる
ケースもあります。
脊髄腫瘍や骨盤内腫瘍などの例があります。

他にも変形性脊椎症などを原因とする場合、
懐胎( 特に妊娠後期)に伴うケースなど、
様々な可能性が存在します。
椎間板ヘルニア等はMRI を撮れば
確定的な診断ができます。




【坐骨神経痛の症状】
・腰の痛み、臀部の痛み
・臀部、太もも裏、足の痛み・痺れ
・痛くて座っていられない
・前にかがめない、体を後ろへ反らすことができない
・体を動かすと痛みやしびれが悪化していく
・痛みのため歩行が困難になる
・足に力が入らなくなる
・足を触ると感覚が鈍くなっている


多くの場合は、左右どちらかの臀部や下肢に症状が
出ますが、両方に症状が出る場合はより重症である
可能性があります。
坐骨神経痛の原因( 疾患) は腰にある場合が多いと
言われますが、多くの可能性が考えられます。
転倒をしたり等の、きっかけがはっきりしている
ケースもありますが、思い当たるふしなく、ある日
突然痛み出すケースも多く存在します。

⇒【坐骨神経痛の改善】

zakotu1.jpg









nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(2) 
共通テーマ:健康

統合失調症を克服するには [統合失調症]


統合失調症という病気は、うつやパニック障害と併発しやすい
といわれますが、以下のように特有の症状があります。


【イライラや不眠】

統合失調症の初期に見られる症状です。

周りの家族などは、ほとんど気付かないのですが、
本人は、なんとなく変だと感じ始めます。

安眠できない、イライラする、集中力がなくなるなどの
変化が見られますが、本人に自覚がなく、通院を嫌がる
場合には無理強いをせず、近親者がかわりに病院等へ
相談に行くことが望ましい。


【妄想】

統合失調症では、主に「被害妄想」の症状が多く
見られます。

妄想とは、誤った考えを根拠もないのに信じ込む
ことです。

誰かに見られているとか、自分の噂をされている
というような妄想や、癌になっているなど身体に
関する妄想も見られたりします。

パニック障害の症状に見られる不安障害に似た
症状であることから、パニック障害と間違うことも
あるようです。


その後、統合失調症の症状が進むと、

【考えがまとまらなくなる】

【無感情になりひきこもる】

【幻覚や幻聴に悩まされる】


というように、症状がどんどん深刻化し悪化します。


統合失調症は、このようにまわりの人には見えないものが
見えたり(幻覚)、聞こえないものが聞こえたり(幻聴)する
という特徴があります。


家族など、まわりの対応としてはとにかく聞き流してしまわず
ゆっくりと話を聞いてあげましょう。


真剣に聞いている姿勢は、本人に伝わりますので、まず
あなたが話を聞いてくれたということが、信頼につながります。


その関係を保ちつつ、統合失調症を一緒に改善していこうと
いう気持ちを持たせることが克服への第一歩となります。



統合失調症を、具体的にどのように改善し克服するのか
については、以下からご覧いただけます。

⇒【統合失調症改善法】

togous2-400.jpg








nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(2) 
共通テーマ:健康

高血圧を下げる食事療法 [高血圧]



血圧が高いという方は、中高年に多いですが私も
その一人です。


私の場合は、間違いなく運動不足なのですが、食事にも
原因がありそうです。



高血圧でよく医師から言われるのが


「塩分を控えめにする」


「1日1万歩以上の運動をしましょう」


などど言われるのですが、なかなかできないものです。



とはいうものの、放っておくと

脳卒中や心筋梗塞、動脈硬化、腎不全などの危険な症状も
引き起こしかねません。



病院では、降圧剤という薬を処方してくれますが、副作用の
話もよく聞きます。


副作用としては

「やる気や元気がなくなった」

「精力減退」

「ぼーっとして集中できない」

などが多いようです。


降圧剤は、確かに効果がありますが、やはり薬で不自然に
血圧を下げるので、脳に血液が不足することで副作用が
おきるとのことです。


できることなら薬を使わずに、血圧を下げることができれば
いいのですが、急を要する場合もあるでしょう。



病院では

「塩分と運動に気をつけて薬を飲んでください」

と言われますが、一生飲み続けなければならないのか?
という心配をしてしまいます。


でも、実は食習慣を正しく改善することで多くの高血圧患者が
見違えるように改善したという方法があります。



詳細は、以下からご覧ください。


⇒【たった3日間で血圧を下げる】高血圧改善法

ketuatu4-400.jpg








nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:健康

リウマチを薬に頼らずに克服 [リウマチ]



リウマチに苦しむ方は、全国にどのくらいいらっしゃるでしょうか?


実は、私の従姉もリウマチで苦しんでます。


関節が痛むらしく、座れない、歩けない、物を持てないと
見ていて、とてもかわいそうです。



そして逢うごとに、悪化しているのがわかるのですが、
どうすることもできない自分をくやしく思ってました。


最近では、リウマチに効くという薬もだいぶ出てきました
が、まだ特効薬といえるものがないようです。



ところが最近、「薬を使わないでリウマチを改善させる」
という情報を耳にしてさっそく従姉に知らせました。


その方法は、「自分でできるリウマチ改善術」
といいます。



私の従姉もそうですが、投薬量が多く、日を追うごとに
その量が多くなっています。


多くなっても、よくなればいいのですが目立った効果が
ないようなので、本人がいちばん落ち込んでます。



また、副作用も少なからずあるようで、それを考えると
いつまで飲み続けなければいけないのかと不安に
なると言ってました。



通院当初は、薬が効いていたのかと思っていたのですが
長引くことで効果を感じられなくなってきたともこぼしてます。



薬をすぐに止めれるのなら止めたいと思うのは、だれでも
思うことですが、そんな急なことはできないでしょう。


でも、一生飲み続けなければいけないのか?



という話になれば、やっぱり早く薬に頼らないで普通の
生活に戻りたいと思っているはずです。



詳しく知りたいという方は、以下からご覧ください。


⇒【12分間リウマチ改善術】

riumachi.jpg









nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(2) 
共通テーマ:健康

糖尿病を食事で克服する [糖尿病]

先日、糖尿の疑いがあるということで、血液検査を受けました。


血糖値が高いとのことで、運動したり食事制限をしなさいと
医師から告げられました。


最近運動不足というのは、自覚していましたし、体重も増加して
いたので、コレステロール値も高いようでした。


イザ、運動といっても普段やりなれないのでなかなかできない
ものですね。


食事制限もなかなか続けるのが大変です。


かといってこのまま放っておけば、インスリン注射のお世話になったり
血糖降下剤を飲むことになると思います。


そうなる前に、何かいい方法はないだろうか?



とネットや書籍を調べていくうちに、食事療法があることを知りました。



どうも、きつい食事制限やきつい運動をしなくても、血糖値を下げた
実績のある方法らしいのです。


ガンにも食事療法がありますが、糖尿病にもあるのです。



その糖尿病を改善させる食事療法は、

別名 「血糖値を3日間で改善する方法」と言われています。


糖尿病で苦しむ方は、詳細をご覧ください。


⇒たった3日間で血糖値を下げる!【糖尿病最短克服法】

tounyoukokufuku400.jpg









nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:健康

自律神経失調症を克服する [自律神経失調症]


自律神経失調症という病名はご存知でしょうか?


この疾患は、うつパニック障害を引き起こす原因の場合も多く
やはり現代において増加しています。


ご存知かもしれませんが、自律神経には

「交感神経」「副交感神経」があります。



交感神経は、別名「昼の神経」と呼ばれ、昼間、活動的なときに活躍する神経です。


交感神経が働くと、瞳孔は拡大し、心臓の拍動は速くなり、血管は収縮して血圧を上げ、
体はエネルギッシュな状態になります。


自律神経は、体を動かしたり、寒さや暑さなどの物理的な刺激にのみ反応するわけ
ではありません。


精神的な刺激に対しても働きます。たとえば強い恐怖を感じたとき、興奮したとき、
はげしい怒りを感じたとき、緊張したとき、悩みや不安をかかえているときなども、
それらに反応して交感神経が働きます。


パニック障害のパニック発作の時などは、この「交感神経」がめいっぱい活動
していることになります。




逆に、副交感神経は「夜の神経」とも呼ばれ、体を緊張から解きほぐし、
休息させるように働く神経です。


副交感神経が優位になると、瞳孔は収縮し、脈拍はゆっくりとなり、血圧は下降して、
体も心も夜の眠りにふさわしい状態になります。


自律神経の働きは、そのときどきの状況に応じて体をうまく適応させることですが、
それを具体的にみると、このように交感神経と副交感神経という二つの神経が
必要に応じて、ちょうどスイッチを切りかえるようにお互いがうまく切りかわりながら、
各器官の働きを調節していることがわかります。



そのおかげで、体や心の健康が保たれているのです。


この「交感神経」と「副交感神経」のバランスが崩れたときに

「自律神経失調症」を発症するわけです。


自律神経失調症の症状としては、


ズキズキと頭痛がして、吐き気や めまいに耐え切れず 職場に遅刻することも

寝ようとしても 目が冴えて、なかなか寝付けない、逆に 寝過ぎることも

翌朝は カラダが鉛のように重く、起き上がれない、寝ても疲れが取れない

些細なことでも落ち込み易く、そこからなかなか抜け出せない

食欲もなく 仕事にも行きたくなくなり、憂うつな気持ちになる

激しい落ち込みが続き、日常生活(歯磨き・ひげ剃り・入浴など)の事ができない

全身がだるい、何をするにも億劫で 集中力・思考力・判断力が低下

その為、周りからは「怠けている」「寝てばかり」と思われ、家族や 周囲の理解を
得ることが難しい

風邪をひきやすく、肩コリや 首がはる、手足が冷えやすい、のどの違和感がある

自分に対する無価値感、無能感にさいなまれる。些細な事でも悲しくなったり、
腹が立って、相手を責めてしまうこともある


というような症状があげられます。



これらの症状を


「1日30分、最短3日で改善する」


という自律神経失調症の改善法があります。


詳細は以下からご覧ください。


⇒自律神経失調症を「1日30分、最短3日で改善する」方法








nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:健康

パニック症候群を克服する [パニック症候群]



パニック症候群は、うつ病同様の現代病と言われ、日本では
数百万人規模の患者や予備軍がいるとされています。


代表的な疾患としてパニック障害がありますが、症状としては
「パニック症状」に陥る病気です。


私も、実際にパニック発作といわれる症状を、目の前で見た
ことがあります。


何の前触れもなく(そう感じました)急に呼吸が荒くなって
白目をむいて倒れました。


倒れた本人が、もうろうとしながらも「紙袋」を欲しいというので、
持ってきたら、口に当てて呼吸をすること数分で収まりました。


私が経験したのは、パニック症候群の症状の一種と言われる
過換気発作と思われます。


実は、会社の部下(女性)だったのですが、普段はまったく普通で
パニック症候群だというのは、それまでまったくわかりませんでした。


パニック症候群は、このように普段は全くふつうの人とかわりなく
普通の生活ができることが多いのです。


何かのきっかけで、急に症状が現れることから、まわりの人は
驚き、敬遠することも少なくありません。


社会的にも、なかなか理解してもらえないという面があります。



ですから、パニック症候群から回復する為には、家族や恋人、友人
または、職場の支援が欠かせません。


その為にはまずパニック症候群パニック障害「病気」だということを、
まわりの人が理解することが必要です。



患者が会社や学校に行けないのは、何も怠けているわけではありま
せん。


ですから叱ったり冷たく接したりするのは禁物です。
それでなくても苦しんでいる患者が益々重症になって行きます。


さて、このようにデリケートな対応が必要なパニック症候群ですが
改善~克服のための情報は、以下のサイトでご覧ください。


⇒パニック症候群・パニック障害 原因 症状 治療 克服法









nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(8) 
共通テーマ:健康

うつ病・躁鬱病の改善 [うつ病]



うつ病というのは、精神の疾患とされていますが、この病気も
急激に増えている現代病の一種です。


私の近所にも、友人の娘さんにもうつ病の方がおられますが、
一見見ただけではわかりにくい病気です。


ですから、本人の苦痛をよそに、まわりからは理解しがたい
ことから、理不尽な言動をされることも少なくありません。


「やる気がないだけだ」とか

「もっと心を強くすればいい」

などと安易に言う場合も多く、あげくのはてに

「さぼっているだけだろう」


などと、考えられないことを言われたりする場合まであります。



不景気からの派遣社員の首切りや倒産、自己破産などの
経済的打撃や先般の東日本大震災などで家や家族を失い
精神的にとてもつらい方が多いです。


関連して、日本人の自殺者数が後を絶たないどころか
増加の一途で歯止めがかからなくなっています。



うつは、芸能界でも多く、ナイナイの岡村さんはご存知のように
その他大勢がうつ病で苦しんでいます。


医学の進歩によって、効果がある抗鬱剤なども昔に比べれば
たくさんあるようですが、「これを飲めば治る」というものでは
ないようです。


実際に、私の知人や近所の方は、もう数年うつが克服できずに
苦しんでおられます。


現在は、精神疾患として心療内科やカウンセリングによる治療が
主流のようですが、身体からアポローチするうつ病改善方法も
効果があるようです。


うつの原因や症状が多岐に渡るため、どの方法がふさわしいか
というのは、個人によって違うため医師やカウンセラーと個々に
相談しながら治療法を特定し、対処することが必要です。



ただ、うつ病の方が心配されるのは、投薬を受けている場合に
いつまで飲み続ける必要があるのか?
一生このままなのか?
という不安でしょう。


投薬を続けるとか、止めるというのは個人で判断するのは
とても危険です。


でも、いつか抗うつ剤から解放されて、普通の生活に戻りたい
と思うのは間違いないでしょう。


以下に投薬をせず、うつを改善したという実績のある克服法を
紹介しますが、ご自身で内容をご覧になり、判断されるよう
お願いします。


ありがとうございました。



⇒【自らがうつだった心理カウンセラーのうつ改善方法】


⇒【自身のうつを克服した身体からアプローチする方法】









nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(2) 
共通テーマ:健康