So-net無料ブログ作成
検索選択

更年期障害の克服 [更年期障害]


【更年期】とは、閉経時期をはさんだ50歳前後の約10年間
 を指します。

主に女性がなりやすく、上記の更年期世代の女性(約2000万人)
の内、2~3割が更年期障害または症候群とされています。


更年期障害は、女性の卵巣機能の低下する時期(閉経)の前後に
多いため、男性にはあまりなじみがないように感じますが、
40代以降の男性にも起こることはあります。


男性の場合を、男性更年期障害と呼びます。


更年期障害の症状としては、

「どれだけ休息をとってもまたすぐに疲れを感じてしまう…」

「突然顔がカーッとほてり、変な汗がたくさん出てくる…」

「月経周期が完全に乱れていて予測がつかない…」

「夜寝ている時に、突然激しい動悸がして目が覚めることがある…」

というような症状が代表的ですが、個人差があり非常に強い負担
を感じる場合もあります。


また、身体の症状だけでなく、情緒不安定や不安感、イライラなど
精神的自覚症状や心身症の様相が現れることもあります。


治療としては、代表的なものに、ホルモン療法がありますが、
乳がんの恐れがあるとされています。


世界的には、HRT(ホルモン補充療法)が有効かつ適切とされて
実績がありますが、日本での普及率は、他先進諸国と比べると
極めて低く、アジアの中でも低いといえます。


投薬治療による不安というのは、どんな病気にも少なからず
あるもので、副作用を考えた場合にどうしても躊躇するのは
やむを得ないことかもしれません。


更年期障害を薬を使わないで治すことが可能であれば、だれでも
望むことは間違いないでしょう。



実際に、薬を使わず更年期障害を克服した方法というものが、
存在しますので、以下のサイトから詳細をご覧ください。


⇒【更年期障害克服プログラム】

hml.jpg









nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(6) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 6

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。