So-net無料ブログ作成
検索選択

脊柱管狭窄症について [腰痛]


私は、実は先日まで脊柱管狭窄症を患っていました。

約1年間ほど、寝たきりに近い状態だったので、この辛さは
だれよりもわかります。


でも、いま完治して普通の生活をしています。
(手術もしてません)


私の、腰痛克服実践記がありますので、腰痛で苦しむ方は
参考になるかもしれません。
⇒腰痛克服実践記




【脊柱管狭窄症の原因】

脊柱管が狭まって、中の神経を圧迫する。

腰部の神経(腰髄神経) は、脊柱管内では太い神経根
としてクモ膜、硬膜が合わさった髄膜に覆われています
( 頭部の大脳などを守る構造がそのまま細長くつな
がっている)。
さらに、その上を脂肪膜で覆われ、椎体と椎弓が
つくる管の中に収まっています。

腰部脊柱管狭窄症とは、文字通り、腰部の脊柱管が
狭窄する( 狭まる) 病気です。

神経の通り道が狭まり、馬尾や神経根が圧迫
されるのです。(↓画像参照)

napyoutu2.jpg


【脊柱管狭窄症の症状】

・間欠跛行
歩き始めは無症状であっても、しばらく歩くうち
に腰から脚部にかけて、しびれや鈍い痛みが生じたり、
ふくらはぎが張って足が前に出なくなり、しばらく
休むとしびれや痛み、張りが自然になくって再び
あるけるようになる症状のこと。

動いた時に症状が強くなり、安静にしたとき
痛みが軽くなる


・下肢( 脚部) 痛
痛みを感じる部分は、脊柱管の狭まり具合
によって様々です。

・脚の痺れ感・知覚異常
腰部脊柱管狭窄症では、お尻から脚部にかけて、
痛みだけでなくしびれた感じが出る事が
少なくありません。
他に冷感、灼熱感、ひきつれ感、締めつけ感、足底
がジリジリする、足底の皮膚が厚くなった気がする
など、さまざまな知覚異常があります。

このような異常を専門的には「センソリーマーチ」
と呼んでいます。



・脚部の脱力感( 筋力の低下)
脚に力が入らない、かかとが持ち上がらない、
階段などでよくつまづく、スリッパがすぐ脱げる、
などの症状です。

このような症状は、歩くときや動作時だけとは限らず、
午後や夕方に強まるのも特徴です。

・重症例では、まひが進行して歩行時に便や尿をもらす
( 失禁。膀胱、直腸障害)
ここまで重症になると手術が必要になりますので医師に
ご相談下さい。
しかし男性では前立腺肥大が、女性では尿道括約筋の
低下があるときなどにも同様の症状が起こるため、
手術を決めるまでには慎重な検査が行われます。


⇒【脊柱管狭窄症の改善方法】

sekicyukan1.jpg









nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(4) 
共通テーマ:健康

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 4

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。