So-net無料ブログ作成

椎間板ヘルニア(腰椎間板ヘルニア)について [腰痛]


【椎間板ヘルニアの原因】

椎間板には、毎日、重い物を持ち上げたり、スポーツを
したり、長い間立ちっぱなしで仕事をしたり、長時間イス
に座っていたりと、かなり強い力が加わっています。


しかし、それにも関わらず、この椎間板には思春期以降
は枯れて、血管がないのです。
これは椎間板の老化現象で、20歳代で、
この老化は始まっています。

椎間板ヘルニアというのは、老化現象の中で、椎間板の
中央にある髄核が、これを包み込んでいる繊維輪の裂け目
から脱出し、脊髄から出た末梢神経の始まりの部分
(これを神経根という)を圧迫した状態をいいます。
(↓画像参照)

napyoutu1.jpg


ですから、前かがみで重い物を持ち上げたり、激しい
スポーツをして腰をひねったり、長い時間不自然な
姿勢でいたりなどといったことがきっかけでヘルニアに
なることが多いのです。


つまり椎間板の老化は20代で始まりますので、
椎間板ヘルニアを患う患者の年齢も20~30歳代
の若い人が多いのも特徴です。


【椎間板ヘルニアの症状】

・腰の痛みとともに足にも痛みやしびれが出る
・左右のどちらかに痛みや痺れがある。
・両方の足に痛みや痺れがある。
・長時間立っていることができない。
・長時間座っていることができない。
・まっすぐに横になれない。
・脛の外側や足の甲やかかと、ふくらはぎがしびれる
・姿勢が左右どちらかに傾く
・痛みをカバーしようとしてへっぴり腰になり、
 体が痛い方へ傾く。
・せきやくしゃみなど、腹圧をかけるような動作を
 すると痛みが響く。
・膝を真っすぐに伸ばして前かがみになるのが
 苦痛になる。



【椎間板ヘルニアの治療法】

ヘルニアの多くは、安静にして治ったように思っても、
しばらくするとまた再発します。
そして、だんだんに再発するまでの時間が短くなり、
しまいには安静にしていても治らなくなってしまう
という特徴があります。

整形外科では手術をすすめられるのが一般的ですが、
必ず治るという保証はなく、再発例も多いのが
現状です。

ただ、症状によっては手術が必要な場合も
ありますので、原因や症状などの詳しい説明を
受けてから、判断することが必要です。


急性期の痛みが軽減してきたら、
筋力強化トレーニングで、腰を守るために
いちばん大切な腹筋や背筋、脚力を強化することで、
完治する場合も多く、体を鍛えることがいちばんの
予防法と言われています。


⇒【椎間板ヘルニアの改善法】

herunia1.jpg









nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(4) 
共通テーマ:健康

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 4

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。