So-net無料ブログ作成
検索選択

坐骨神経痛について(原因・症状) [腰痛]

【坐骨神経痛の原因】

坐骨神経痛は、特定の疾患を指す病名ではありません。
通う病院や整体院によって、坐骨神経痛と言われたり、
脊柱管狭窄症だろう、椎間板ヘルニアだと言われたり
します。

坐骨神経痛とは、何らかの原因( 疾患) によって
坐骨神経が刺激され、坐骨神経が通る領域
( 臀部から太もも、ふくらはぎなど非常に広範囲)
に生じる痛みや痺れといった症状そのものを
指す名称です。


【坐骨神経痛の原因となる主な疾患】

●椎間板ヘルニア
椎間板ヘルニアは急性かつ激痛を伴う坐骨神経痛の
原因としても有名です。

●梨状筋症候群
お尻にある筋肉の一つに梨状筋というものがあり、
坐骨神経はこの筋肉の下を通っています。
スポーツや仕事などで腰や股関節などに負担が
かかり続けると、ストレスを受けた梨状筋によって
坐骨神経が圧迫され、 坐骨神経痛の原因となる
ケースがあるようです。
椎間板ヘルニアによる坐骨神経痛に比べ
緩やかに発症するのが特徴です。


●脊柱管狭窄症
高齢者によく見られる疾患です。
脊柱管( 背骨の中央にあり、神経が通っている穴)
が狭くなり、 神経が圧迫され、坐骨神経痛を
引き起こす原因となります。
数分の歩行で腰や足に痛み・しびれ等が出現
しますが、 休息を取ることにより回復する
といった傾向が見られます。
残念ながら自然治癒するものではなく、悪化を
させないことが大切になります。


●腰椎の分離やすべり
腰椎の分離やすべりが坐骨神経痛の原因
となる場合もあります。


●腫瘍
稀ですが、腫瘍が坐骨神経痛の原因となる
ケースもあります。
脊髄腫瘍や骨盤内腫瘍などの例があります。

他にも変形性脊椎症などを原因とする場合、
懐胎( 特に妊娠後期)に伴うケースなど、
様々な可能性が存在します。
椎間板ヘルニア等はMRI を撮れば
確定的な診断ができます。




【坐骨神経痛の症状】
・腰の痛み、臀部の痛み
・臀部、太もも裏、足の痛み・痺れ
・痛くて座っていられない
・前にかがめない、体を後ろへ反らすことができない
・体を動かすと痛みやしびれが悪化していく
・痛みのため歩行が困難になる
・足に力が入らなくなる
・足を触ると感覚が鈍くなっている


多くの場合は、左右どちらかの臀部や下肢に症状が
出ますが、両方に症状が出る場合はより重症である
可能性があります。
坐骨神経痛の原因( 疾患) は腰にある場合が多いと
言われますが、多くの可能性が考えられます。
転倒をしたり等の、きっかけがはっきりしている
ケースもありますが、思い当たるふしなく、ある日
突然痛み出すケースも多く存在します。

⇒【坐骨神経痛の改善】

zakotu1.jpg









nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(2) 
共通テーマ:健康

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 2

この記事のトラックバックURL: